「そなえるネットワークみうら」が5月23日(日)に防災知識を深めるゲーム開催@三浦市民交流センター

シェアする

このイベントは終了しました。

様々なシチュエーションの設問で、災害発生時について考えるカードゲーム「クロスワード」

市民の防災意識の啓発をめざす「そなえるネットワークみうら」は、5月23日(日)午前10時30分から正午、三浦市民交流センターニナイテでワークショップを開催する。

災害対応カードゲーム「クロスロード」

防災や減災について楽しみながら学んでもらおうと、災害対応カードゲーム「クロスロード」を用いて行われる。

阪神・淡路大震災で実際に浮き彫りになった「災害対応のジレンマ」をゲーム化したもので、今回はルールをアレンジ。「あなたは津波が最短10分でくるとされる集落に住んでおり、今地震が発生。避難を始めるが近所のおばあさんが気になる。見に行くか?」などの身近なテーマに参加者は、はい・いいえで回答し、意見交換する。

主催者で、防災士の永井文子さんは、「設問に正解はなく、自分ならどうするか考え、万が一を想像してみてほしい」と呼びかけた。

参加無料、定員15人。参加希望者は氏名・住所・電話番号を記して、永井さん【メール】sonaeru.miura@gmail.comへ。詳細はフェイスブックでも公開している。

開催日

2021年5月23日(日)
午前10時30分から正午

住所

神奈川県三浦市三浦市民交流センター ニナイテ

問い合わせ

永井さん

メールアドレス

sonaeru.miura@gmail.com

公開日:2021-05-18

関連タグ