川崎育ちに親しんで!歌詞に特産野菜が登場、明るいメロディー のPRソング『がんばり野菜』制作

シェアする
『がんばり野菜』を手掛けた歌手の上奥さん

 JAセレサ川崎(原修一組合長)が川崎育ちの野菜や果物に親しんでもらおうと、PRソング『がんばり野菜』を制作した。多摩川梨や香辛子、のらぼう菜などの特産野菜が登場する歌詞と明るいメロディーが特徴で、2021年5月初旬から市内の大型直売店セレサモス店内で流している。

関連記事はこちら

歌うのは中原区在住の歌手・上奥まいこさん

 歌うのは、中原区在住の歌手・上奥まいこさん。依頼を受けた上奥さんは川崎産野菜について勉強。川崎独自の栽培方法を用いたアスパラガスや、梨や柿の産地だった歴史を歌詞に取り入れた。「野菜が育つ様子を人生に見立てた。子どもにも伝わるよう、わかりやすい言葉づかいを心掛けた」と上奥さん。

作曲は伊藤心太郎さん

 作曲したのは、上奥さんのサウンドプロデューサーを務める伊藤心太郎さん。伊藤さんは、AKB48のヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を手掛けたことでも知られる作曲家。曲調はお祭りのような雰囲気で「それ!」「わっしょい」「セ・レ・サ」などの掛け声も入り活気がある。上奥さんは「野菜の特徴や魅力が伝われば嬉しい。農家の方や野菜に関わる方々が込めた想いを感じてほしい」と話す。

発案は組合長

 制作のきっかけは原組合長の発案から。上奥さんが出身地である長崎県の野菜を応援する歌を制作していたことを知り「地元農産物をPRでき、小さい子も歌って踊れるようなものを」と楽曲制作をオファー。完成後、原組合長は「川崎育ちの野菜を知らない生徒がいると聞き、どうにかアピールしたいと思っていた。この歌で生産農家の皆さんに元気になってもらい、今後は市内の子どもたちにも歌ってもらえるよう周知していきたい」と話した。

住所

神奈川県川崎市内

公開日:2021-06-02

関連タグ