外壁塗装のタイミングは?鶴見区の外壁塗装専門店「えいぶす・ペイント」の丁寧な提案や仕事を取材しました!

シェアする

「築年数がたったけど、外壁塗装をした方がいいだろうか」「どのタイミングで依頼すればいいんだろう…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

鶴見区・川崎区で地域密着の外壁塗装専門店「えいぶす・ペイント」の池原繁尊代表に、塗り替えのタイミングや、お家を長持ちさせるための秘訣、お店のことについて伺いました。

<目次>
〇地元出身の池原代表
〇塗装のタイミングって?
・えいぶす・ペイントのこだわりの仕事
・まずは外壁屋根の無料診断
・無料のカラーシミュレーション
・宮古島の暴露試験場での耐久試験
・塗る断熱材「GAINA」も扱う
・安心の4回塗り
〇充実のアフターサポート
〇何よりお客さん目線で

地元出身の池原代表

打ち合わせ時の丁寧なヒアリング

えいぶす・ペイントは創業7年、地域密着の会社です。池原繁尊代表は、潮田小学校、潮田中学校、鶴見工業高校と通った地元住民。生まれ育った土地で、地域に、社会に貢献できるような会社でありたいという思いで仕事をしています。

▲<目次一覧>に戻る

塗装のタイミングって?

外壁表面の劣化により手についた白い粉

お家の外壁を手で触ると、粉のようなものが付くことがあると思います。池原代表によると、紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こるもので、このような現象が見られたら塗り替えのサインだそう。

劣化したつなぎ目の「シーリング」と呼ばれる部分

また、外壁と外壁をつなぐゴム状の部分に亀裂が入っていたら、劣化が進んでいる証拠です。雨水が侵入しやすくなり、建物の構造体の劣化や雨漏りにつながり、ひどい場合には、外壁の張り替えまで発展してしまうこともあるそうです。

池原代表は、

  • 「外壁塗装は外観を美しくするだけでなく、大切なマイホームを長持ちさせることにもつながります。10年に一度が目安とされていますが、日当たりなど、建物によっても違います。そして、傷む前にメンテナンスすることが大切です」と話します。

▲<目次一覧>に戻る

えいぶす・ペイントのこだわりの仕事

まずは外壁屋根の無料診断

では、依頼するとどのように進むのでしょうか。まずは外壁や屋根の無料診断。同社では、国家資格や外装劣化診断士、雨漏り鑑定士など、専門の資格所有者が状態を調べ、分かりやすい写真付きの診断書を提出してくれます

無料のカラーシミュレーション

診断書と見積書を見て、内容に納得がいき、塗装工事をすることになれば、次は色選びです。お家の写真を使ったカラーシミュレーションも無料。豊富な塗料ラインナップから選び、自分の好きなイメージに限りなく近づけることができます

宮古島の暴露試験場での耐久試験

同社で使うのは、沖縄県の宮古島暴露試験場で効果を認められた高耐久塗料。

「どの塗料もカタログには、〝高耐久〟と書かれています。しかし、実際にどの塗料が本当に良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか」と池原代表。

同社では、「本当に良い塗料をお客様に提供したい」との思いのもと、日本塗装名人社という団体に加盟し、宮古島暴露試験場でテストをしています。宮古島は、関東の3倍以上と言われる紫外線量、海からの塩害、台風による風雨など、日本でもっとも過酷な環境下にある暴露試験場。池原代表は、「実際にどの塗料が、どのくらい持つかはっきりと結果がでます」と話します。

沖縄県宮古島・暴露試験場での耐久試験

塗る断熱材「GAINA」も扱う

また、宇宙技術から生まれた〝JAXA COSMODE〟第1号商品で、平成29年度省エネ大賞を受賞し、メディアなどでも注目の塗る断熱材「GAINA(ガイナ)」の依頼も可能。

断熱性や空気室改善、省エネなど、住空間にまつわる様々な課題を解決する高性能塗料であるガイナは、扱いが難しいため、ガイナの性質を理解し、正しく使わないと不具合がでてしまい、クレームになりやすいといいます。同社は〝ガイナ認定施工店〟で、きちんとガイナの性質、取扱い方法の講習を受けた〝ガイナマイスター〟が在籍するため安心です。

ガイナ提携施工店の認定証

安心の4回塗り

通常、「下塗り・中塗り・上塗り」の計3回塗りが標準ですが、同社では「下塗り×2・中塗り・上塗り」と下塗りを2回行う、計4回塗りが標準とのこと。下塗りを2回行い、下地をしっかりと作ることで、塗膜の密着性・耐久性を上げています。なので同社では、「最長10年」の安心保証を掲げています。

▲<目次一覧>に戻る

充実のアフターサポート

写真付きで分かりやすい施工報告書

アフターサポートにも力を入れており、工事後には、写真付きの施工報告書を提出してくれます。どの部分をどう修理したか写真で教えてくれると安心ですよね。

さらに、1年、3年、5年の定期点検を次回の塗り替えまでずっと実施してくれるため、不具合があったらすぐに対応してくれるそう。手厚いサービスに驚きました。

▲<目次一覧>に戻る

何よりお客さん目線で

「まずは気軽にご相談ください」と池原代表

同社が大切にするのは〝お客様目線の提案や工事〟。池原代表は

  • 「施工業者である私たちにとっては、毎月数棟ある塗装工事でも、お客様にとっては、大切なお家の数十年に一度の工事ですので、業者都合の工事ではなく、お客様の気持ちになってご提案し、丁寧な工事を行うことを心掛けています」と笑顔を見せてくれました。

もちろん、見積だけの依頼もOK。「数十年に一度の大切な工事。2、3社と見積をして頂き、一番信頼できるところで塗り替えを」と池原代表。外装に関わることなら何でも相談にのってくれるそう。まずは一度、問合せてみてはいかがでしょうか。

住所

神奈川県横浜市鶴見区仲通1丁目54-23

電話

0120-303-882

0120-303-882

営業時間9時~19時(年中無休)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-01

関連タグ