なぜ約10年に一度塗り替えるのか?~地元・小田原のプロが応えます!~ 西湘ペイント(株)

シェアする

大切な住まいで永く快適に暮らすにはメンテナンスや補修は欠かせません。住宅についてよく言われる「屋根や外壁は10年に一度の塗り替えを」という話について、日常的に暮らしていても起こりうる”ほころび”を学びながら、知っておくと役に立つポイントを西湘ペイント㈱さんに聞いてみました。

住まいの経年劣化はココに注目!

住宅の経年劣化はどんな住まいでも、どんな暮らし方でも進行します。大切なのは「劣化のサインを見逃さない」こと。まずは西湘ペイントさんに、そんなシグナルを聞いてみました。

【1】壁の目地

経年劣化により入ってしまうヒビで、放置すると剥がれ落ちてしまうことも。雨水の浸透が外壁内部も劣化させてしまうので、防水構造が機能しなくなります。

【2】クラック

モルタル壁に多く見られる症状です。見た目の印象が悪いのはもちろん、強度面でも問題となります。

【3】チョーキング

以外と見落としがちなのが、外壁の表面を手で擦った時に白い粉状のが付着する現象。これは当初に塗られていた素材の防水効果が弱まっている可能性が高いとのこと。

これらの症状は小さな痛みのようですが、放置させると見た目だけでなく住まいの防水性や強度が落ちていきます。定期的なチェックでこれらサインを把握し、補修を考えることが『長く暮らす我が家』の実現につながります。この確認作業は少なくとも10年に一度は必要なことから、「約10年に一度は塗り替えを」と言われる理由なんだそう。

塗装工事の流れ

地元密着の企業として実績のある西湘ペイント㈱は、相談・見積り(無料)から、施工中の現場清掃に近隣挨拶といった気配りに定評があります。技術力は当然のこと、アフターメンテナンスまで細かな配慮で高い満足度を得ています。

業務内容

丁寧な施工はもちろん、足場組みの段階から現場・近隣の清掃、ご近所挨拶にも対応。細かな配慮も地元企業ならでは!!

屋根塗装、外壁塗装、遮熱塗装、吹き付け塗装、防水工事、雨漏り修理(瓦屋根、板金屋根、スレート)、雨どい修理交換、屋根葺き替えなどなど…

その他、大切な住まいのことならなんでも相談できるのが嬉しいポイント!

まとめ

屋根や外壁の塗装工事を中心に、雨漏り修理・雨どい交換など外装全般からリフォームなど、住まいのSOSにとことん向き合ってくれるのも嬉しい限り。大切な住まいの「困った」「不安がある」…の心配ごとが生じた際は気軽に問合せしてみては。

住所

神奈川県小田原市扇町1-15-3

問い合わせ

西湘ペイント株式会社 【神奈川県知事許可(般-2)第88292号】

電話

0465-46-9941

0465-46-9941

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-06-23

関連タグ