【7月24日】よこすか芸術劇場で「ヨコスカ ジャズ ドリームス」異国の雰囲気を味わいながら、スウィングを楽しんで!

シェアする

このイベントは終了しました。

見どころのフィナーレセッション(2010年の様子)©おがわしげる

「横須賀」でイメージするものは何でしょうか?カレーやネイビーバーガーなど有名ですが、その発祥は「軍港の街」だったから。いまも米海軍基地があり、交流も盛んです。そんな街の歴史を辿ると出会うのが「ジャズ文化」。そう、横須賀は「戦後ジャズ発祥の地」なのです。

京急横須賀中央駅前には、こんなジャズメンの銅像がいくつも。

横須賀「ジャズ」の歴史

 市の中心地、京急汐入駅前にあるオペラハウス仕様の劇場「横須賀芸術劇場」の場所にはかつて、米海軍の兵員クラブ「EMクラブ」がありました。戦後すぐのこと、そこでは国内外の著名なジャズミュージシャンが連日、ライブを繰り広げていたのです。ここから派生して、横須賀市街にはジャズバーやジャズ喫茶が立ち並んでいました。

 しかし音楽の流行も変化していくと、「ジャズ」の空気も街から薄れるように。そんな中、「横須賀=ジャズ」の誇りを守るように、毎夏、ジャズ祭が開かれています。

  • 「ヨコスカ ジャズ ドリームス」の名称で今年で35回目を迎えるイベント。第一線で活躍するジャズミュージシャンが年1回、ここ「横須賀」に集結するのです。フィナーレでは、その豪華メンバーでのセッションが見どころとなっています。

阿川泰子さんはジャズドリームスの舞台に何度も登場(2003年の様子)© おがわしげる

豪華なメンバーが登場

 今年の開催は7月24日(土)。よこすか芸術劇場を会場に、トリプルサックス、ジャズヴァイオリンのカルテット、そしてジャズドリームスだけの特別編成によるビッグバンドなどが登場します。

公演は16:00開演 (15:00開場)
S席:6,800円 A席:4,800円(チケット販売は電話予約センター046-823-9999)

写真展や街にデザインも

 また、35回を記念して、同じく汐入駅前にあるコースカベイサイドストアーズ4階、ジャズがコンセプトの映画館「横須賀HUMAXシネマズ」ではこの歴史を辿る写真展も開かれています。

劇場に隣接するドブ板通りには、こんな手形レリーフも。排水溝にもこんなデザインが。近隣には軍港の街にちなんだ「横須賀グルメ」を味わえるお店も周辺に多くあります。公演だけでなく、ぜひ、横須賀の街も楽しんでください!

開催日

2021年7月24日(土)
ヨコスカ ジャズ ドリームス2021

2021年7月3日(土)~2021年7月24日(土)
ヨコスカ ジャズ ドリームス写真展(入場自由/横須賀HUMAXシネマズロビー)

住所

神奈川県横須賀市本町3-27

横須賀芸術劇場

費用

S席:6,800円/A席:4,800円(24歳までの学生は半額)

問い合わせ

よこすか芸術劇場

電話

046-823-9999

046-823-9999

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-02

関連タグ