「35mmフィルムに1コマずつ絵描く映像技法を体験」川崎市市民ミュージアム

シェアする

 川崎市市民ミュージアムは、2021年8月1日(日)に、小学校4年生から中学生を対象としたワークショップ「さわれるシネマ~フィルムでアニメーションをつくってみよう~」を開催します。

 35mmフィルムに1コマ1コマ絵を描いて映像を作る、ダイレクトペインティングというアニメーション技法を体験します。

 フィルムや映写機などを実際に使って映像のしくみを学び、カナダの実験映像、アニメーション映画の巨匠であるノーマン・マクラレン監督の短編作品もご紹介します。

【講師】
昼間行雄(ひるまゆきお)氏
 1985年から2012年まで「国立総合児童センターこどもの城」で映像の教育普及活動を研究し、児童を対象とした数々のワークショップや映像講座を実践してきた。

【事前申込制】 
申込期間:2021年7月1日(木)10:00~7月17日(土)16:00
市民ミュージアムHP内、イベントページの申込フォーム(https://www.kawasaki-museum.jp/event/23637/)からお申し込みください
※応募多数の場合は抽選、7/20(金)以降に応募者に詳細を連絡

開催日

2021年8月1日(日)
《1回目》10時から12時 
《2回目》14時から16時
 各回20名(対象:小学校4年生~中学生)

住所

神奈川県川崎市川崎市生涯学習プラザ

201会議室

費用

《参加費》500円 税込み(材料費 保険料込み)

問い合わせ

川崎市市民ミュージアム

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-04

関連タグ