<川崎市麻生区>涼しげに咲く青紫色のアガパンサスが見頃!周囲にはラベンダーも咲く

シェアする
太い茎に咲くアガパンサス(2021年6月26日撮影)

 吹込交差点近く、道路沿いの植栽帯で、青紫色のアガパンサスが見ごろを迎えている。

アガパンサス=ユリ科の多年草

 アガパンサスはユリ科の多年草で、5月下旬から8月上旬に咲く。花壇を整備するボランティア団体「吹込クローバーの会」によると、4年ほど前に植えた球根が毎年咲いているという。周囲にはラベンダーも咲き、道行く人の目を楽しませている。

 同会は、区内在住の有志で2011年に活動を開始。15人のメンバーが、130平方メートルの植栽帯や円形の花壇などを月4回手入れ。土には生ごみ堆肥を混ぜ無農薬で、環境に配慮した循環を実践する。

伸びきった花を取り除く「クローバー会」メンバー

 26日の活動では雑草や伸びてしまった花を取り除いた。作業中にはメンバーに花の名前を聞く通行人の姿も。代表の阿部貴紅子さんは「車の通りも人通りも多いので、きれいに見てもらえるようにしている」と話す。

住所

神奈川県川崎市麻生区上麻生 吹込交差点付近

公開日:2021-07-02

関連タグ