小田原の史跡「新堀(しんほり)」の回遊ルートが完成!散策が便利に!

シェアする
散策しやすくなった回遊ルート

 小田原市が整備を進めていた国際医療福祉大学城内校舎グラウンド脇にある約80mにわたる回遊路の工事が完了し、6月24日に開放された。回遊路を通ることで、「新堀(しんほり)」の回遊ルートを散策しやすくなった。

「新堀」は、小田原合戦に備えた「総構(そうがまえ)」が完成するまでの間、小田原城を守るために天神山丘陵の南側斜面に造られた外郭。近世以降に大きな改変を受けていないため、北条氏の築城技術などを考える上で貴重な資料となっている。

堀跡を解説する説明板も設置

現在は、旧アジアセンター敷地内や清閑亭敷地内などでその姿を見ることができる。「新堀」は国指定史跡として保存されている。近年の調査では、堀の中から当時の生活を知る手がかりとなる漆椀や箸などが出土している。

市の担当者は「旧アジアセンターから清閑亭までの散策スポットが歩きやすくなったので、ぜひ散歩に出掛けてほしい」と話した。

楽しいよ小田原ページへ

住所

神奈川県小田原市国際医療福祉大学城内校舎

公開日:2021-07-08

関連タグ