横浜市栄区で金賞の「カレーパン」を継承する人気店「はなパン」には、メロンパン・生食パンなど自信作が多数あった!

シェアする
星野さん夫婦が笑顔で迎え入れてくれるアットホームなパン屋さん。気取らない質素な外観が魅力

JR本郷台駅から歩いて10分、横浜市栄区小菅ケ谷1丁目の閑静な住宅地(市立西本郷小学校前)に佇む「はなパン」国産小麦100%、無添加生地、粉から手作りがコンセプトのパン屋さん。コロナ禍が始まった2020年2月オープンというハンディキャップに負けず、着実にリピーターを増やしている同店の魅力に迫ります!

毎日食べても飽きない

おしゃれな店内は香ばしくて良い匂いが広がっています。過度な甘い香りがしないのは体にやさしい素材でパン作りに励む店の特徴だとか。

味良し、見た目良しのパンが並ぶ

横浜市内の繁盛店でそれぞれ修業を積んだ星野光孝さん・英恵さん夫婦が作る焼き立てパンは定番から期間限定まで、数十種類がずらりと並んでいます。子連れのファミリーが午前から午後まで途切れることなく訪れ、「毎日食べても飽きない」と話す常連客がいっぱいです。

  • 取材した午後4時ごろには、追加で焼き上げたパンもほとんど完売。人気ぶりがうかがえます。

金賞の味を継承

万人受けする焼きカレーパン(172円)

一番売れるという焼きカレーパンは、パンのコンテストで金賞を2回受賞した人気店から製法を継承した逸品。パキスタン風のピリ辛カレーをトマト生地で包み、外はサックリ、中はコク深いジューシーな味わいに仕上げています。

  • 記者もよく食べる看板メニュー。辛いのが苦手な人や子どもからも支持を得るやさしい味です。

上質を良心的な価格で提供

メロンパン(151円)、生食パン(486円)、バケット(378円)など、どれをとっても美味しくて「あぁ、幸せ~」と思わず笑顔で呟いてしまいます。それもそのはず、光孝さんが午前2時半から仕込みに入り、一日400個ものパンをこね上げから発酵、焼き上げまで丁寧に手作り。一切の妥協を許さない姿勢は〝職人の鑑〟と言えるでしょう。

外はサクッ、中がもっちり食感で、繊細な口どけが特徴のメロンパン

  • 手間暇を惜しまないにもかかわらず、ほとんどのパンが100円~200円で買えるという良心的な価格設定が多くのリピーターを呼びます。

生食パン、バケットも人気

10%クーポン配布

  • 店内商品(一部商品は対象外)が10%オフとなるお得なクーポンを配布中

夫婦二人三脚で

「親切」「丁寧」「笑顔」の三カ条をモットーで、「夫婦二人三脚で笑顔が絶えない店であり続けたい」と話す星野さん夫婦。

  • 常に明るく、笑顔で接客する2人の優しい人柄が地域から愛される人気店を守っていると言えるでしょう。遠方に住む人も本郷台に来た時はぜひ一度訪れてほしいです!

住所

神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-26-15

問い合わせ

はなパン

電話

050-1364-2258

050-1364-2258

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-07-30

関連タグ