能、狂言の世界を楽しむ ~開館以来30年続く「川崎市定期能」【8月7日】@川崎能楽堂

シェアする

このイベントは終了しました。

能「阿漕」香川靖嗣(撮影=安彦喜久三氏)

第123回「川崎市定期能」

 日本の伝統芸能伝承を目的として川崎能楽堂(川崎区日進町)の開館以来30年にわたり続く「川崎市定期能」。8月7日(土)には第123回目の公演が同能楽堂で開かれる。主催は公益財団法人川崎市文化財団。

 第1部(午後0時30分開場)は▽狂言『謀生種』=石田幸雄▽仕舞『松風』=友枝昭世▽能『玉葛』=中村邦生、

 第2部(午後3時30分開場)は▽狂言『昆布売』=高野和憲▽能『阿漕』=香川靖嗣を上演する。

 入場料は各部、一般正面席4500円、脇正面・中正面席4000円、25歳以下3000円。※正面席チケットは完売いたしました。

 チケットは電話(【電話】044・222・7995)かウェブで販売(先着順)。

開催日

2021年8月7日(土)
第1部:午後1時開演(午後0時30分開場)
第2部:午後4時開演(午後3時30分開場)

住所

神奈川県川崎市川崎区日進町1-37 川崎能楽堂

費用

一般(正面席):各部 4,500円※完売
一般(脇正面・中正面席):各部 4,000円
25歳以下 各部 3,000円(脇正面・中正面エリアのみ)

問い合わせ

川崎能楽堂

電話

044-222-7995

044-222-7995

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-03

関連タグ