伊勢原市出身・横溝さん 象徴絵画を制作 「ともいきアート展」で

シェアする
作品「ともに生きる日本と世界の横浜」

 ともいきアートサポート事業の常設展示「ともいきアート展」が、神奈川県立青少年センター(横浜市)で開催されている。

 この催しは、2016年に起きた津久井やまゆり園の事件を受け、県と議会が策定した「ともに生きる社会かながわ憲章」の一環。伊勢原市出身のイラストレーター・横溝さやかさん(=人物風土記で紹介)が、「ともに生きる日本と世界の横浜」と題したアート展の象徴絵画を制作した。

 常設展示は3つの障害者施設に所属するアーティストの作品を期間を分けて実施。横溝さんが所属するスタジオクーカは8月31日(火)から12月5日(日)まで展示される。

 また横溝さんの作品は9月12日(日)まで平塚市美術館で開催中のスタジオクーカの作品展や、8月11日(水)から16日(月)まで逗子文化プラザホールで開催される個展で鑑賞できる。(問)スタジオクーカ【電話】0463・73・5303へ。

開催日

2021年8月31日(火)~2021年12月5日(日)
スタジオクーカ展

2021年8月11日(水)~2021年8月16日(月)
逗子文化プラザホール

住所

神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘9−1

神奈川県立青少年センター

公開日:2021-08-09

関連タグ