多種多様なヒマワリが100本以上咲き競う@川崎市緑化センター<川崎市多摩区>

シェアする
さまざまな種類のヒマワリ100本以上が並ぶ花壇=2021年7月30日撮影

 川崎市緑化センター(宿河原)の東園、温室付近の花壇にずらりと並ぶヒマワリ。その数100本以上。同じ方向を向きながらも、色や形が少しずつ異なる。根本には「ホワイトナイト」「サンキング」「バレンタイン」と、さまざまな品種の名前が記されている。中には「オレンジ」「ライチ」「バナナ」「レモン」といった果物名が含まれる品種も。

 これらは6月に種をまき、7月2週目ごろから咲き始めたという。7月末、「もう少し大きくなったら、いろんな種類を楽しめるのでは」と同園。温室沿いの別の花壇でも、複数品種のヒマワリが競演している。

住所

神奈川県川崎市多摩区宿河原6-14-1 川崎市緑化センター

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-08-11

関連タグ