創業84年、老舗の屋根専門業者がお勧めするカバー工法とは【横浜市鶴見区・(株)成田屋商店】

シェアする
創業84年、代々続く地域からの信頼を受け継ぐ成田健社長。専門業社としての誇りを胸に「誠実・丁寧」な仕事を心がけているそうです

「屋根は屋根屋」に相談

経年劣化が避けられない家の中で、自分たちで簡単に点検できない屋根。気軽に見ることができないばかりか、屋根が劣化すると雨漏りなどで、家全体に被害が拡大してしまう危険性もあるので、点検や補修は必須の場所でもあります。

そんな屋根のこと、やっぱり「屋根屋さんに相談が一番」ということで、今回、横浜市内で創業80年超、年間約1200件の施工実績を誇る老舗の屋根専門業者・(株)成田屋商店さんに話を聞きました。

  • すでに屋根が壊れている方はもちろん、築年数20年前後で、そろそろ屋根など外回りの補修を…と考えている方は最後まで必見です!

良いとこどりの「カバー工法」

屋根の修理は、屋根材を全て交換する「ふき替え」、屋根材に合わせた「塗装」などが主なメンテナンス方法です。

「ふき替え」は、新品になる上、交換時に木材の傷んだ箇所も修繕できるなどメリットもありますが、高額となります。一方の「塗装」は、金額こそ安価ですが、常に直射日光や風雨にさらされる屋根では、耐用年数が短くなるという面があります。

  • そこで、「屋根のプロ」成田屋さんがおすすめするのが、「カバー工法」です。

施工は、今ある屋根材の上から貼り付けるというシンプルな方法。新築にも使用する屋根材のため、強度は問題なく塗装より長持ち。そして、見た目が新品になるのに、古い屋根材の廃棄費用がかからないのでふき替えよりもリーズナブルという、まさに良いとこどりの修繕方法です。

カバー工法の屋根材。材質やカラーバリエーションなども選べる

成田屋さんいわく、「屋根裏の木材が経年劣化すると工事できないので、新築後20年~30年がベスト」とのこと。

「住み慣れた家。最後まで長く」という方や、「中古のリノベーションで」といった幅広い層から支持されているというカバー工法。台風の被害で火災保険なども対応可能だそうです。

信頼と実績の老舗 屋根のプロフェッショナル「成田屋商店」

成田屋さんは、もともと屋根材を製造していた問屋として創業。材料から現在の工事まで、一貫してきた長年の経験が信頼を呼んでいます。専門業者ならではの安心感は、相談の価値ありです。詳細、まずは下記ホームページにアクセスを。

住所

神奈川県横浜市鶴見区江ヶ崎町21-1

問い合わせ

創業84年 屋根専門 ㈱成田屋商店

電話

045-571-2011

045-571-2011

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-27

関連タグ