通院が困難な方へ。「大丈夫です。歯科医師や歯科衛生士が訪問して診療します」 ―保土ケ谷区歯科医師会―

シェアする

保土ケ谷区歯科医師会では、「在宅歯科相談室」を立ち上げ、歯科治療が必要だが通院できない患者さまのもとを歯科医師や歯科衛生士が訪問し、歯科診療を行う「訪問歯科診療」の相談に応じています。

どんな人が対象なの?

介護施設やご自宅で寝たきりの方、歩行困難な方、入院中で通院できない方など、通院することが困難な方が対象です。訪問エリアは保土ケ谷区内であればどこでも大丈夫です

こんな方が訪問歯科診療を利用しています

  • 入れ歯が合わなくなった
  • 詰め物が取れてしまった
  • 虫歯治療が途中だったが通えなくなった
  • 食べ物をこぼしたり、飲み込みづらいなど、上手く食事ができない
  • 歯肉に膿が溜まっている
  • 口臭が気になるので口腔ケアをしてほしい
  • 言葉が不明瞭になってきた

素朴な疑問にお答えします

Q.口腔ケアやリハビリだけの利用は可能?

A.可能ですが口腔ケアには歯科医師の指示のもと歯科衛生士が実施するため、歯科医師による定期的な診察を受けていただく必要があります。患者様の口腔内の状況によっては歯科治療をお勧めする場合もございます。

Q.付き添いは必要?

A.拒否の強い患者様や意思疎通が難しい患者様の場合は立ち合いをお願いする場合があります。

Q.用意するものは?

A.各種保険類、服用中のお薬(お薬手帳)をご用意ください。

Q. 治療時間はどのくらい?

A.治療内容によります。患者様の体調に合わせ、ご負担にならないように治療を進めます。

Q.ベッドで寝たままでの治療は可能ですか?

A.治療可能です。ただし、お身体の状態により処置できる内容が限られてしまう場合もあります。患者様ご本人やご家族、場合によってはケアマネージャーの方と話し合いながら可能な治療を行っていきます。

正しい口腔ケアが生活の質を向上させます

口腔ケアはお口のトラブル予防だけではなく、「食べること」や「話すこと」をサポートし、生活にリズムを作り、生活の質を向上させます。また、自分の口で「おいしく食べる」ことは大きな楽しみであり、生きる意欲にもつながるのです。また、脳や体も元気にします。

◆抵抗力がアップ!

お口の中がきれいになれば、唾液の出もよくなり、口から入った細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぎます。

◆噛むことが老化防止に!

認知症の人ほど口の中にトラブルをかかえ、噛むことができない状態が多いという報告があります。よく噛むことで脳の若さを保ち、認知症の予防につながると期待されています。

◆誤嚥性肺炎防止にも

口腔内の衛生状態をきれいに保つことで、誤嚥性肺炎防止にもつながることがわかっています。

診療までの流れ

予約電話はコチラをタップ:045-309-8114

予約メールフォームはコチラ

予約ファックス用紙のダウンロードはコチラ

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区

問い合わせ

保土ケ谷区歯科医師会

電話

045-309-8114

045-309-8114

在宅歯科相談室
fax045-330-6090

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-29

関連タグ