特別展『国宝 鶴岡八幡宮古神宝』守り伝える神宝一堂に約40点展示@ 鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)

シェアする

このイベントは終了しました。

「籬菊螺鈿蒔絵(まがききくらでんまきえ)手箱図巻(政子手箱図)=鎌倉国宝館蔵)」

 鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)で、特別展「国宝 鶴岡八幡宮古神宝」が開催されている。9月30日(木)まで。

国宝を約40点展示

 同展は鶴岡八幡宮に奉納された「古神宝類」を一同に展観し、同宮や周辺寺院に伝わるゆかりの宝物類を紹介。いずれも国宝の沃懸地杏葉螺鈿(いかけじぎょうようらでん)太刀拵(たちこしらえ)、朱漆弓など約40点が展示されている。

 写真は「籬菊螺鈿蒔絵(まがききくらでんまきえ)手箱図巻(政子手箱図)=鎌倉国宝館蔵)」。国宝・籬菊螺鈿蒔絵硯箱(鶴岡八幡宮蔵)=展示中=と対をなすと考えられる手箱の記録図。展示の硯箱は源頼朝が自身で同宮に奉納したと伝わる。一方、手箱は現存せず、北条政子の所持品であったとの伝承が残る。

 月曜日休館(20日開館、21日休館)。午前9時〜午後4時30分。一般400円。(問)同館【電話】0467・22・0753

開催日

2021年8月28日(土)~2021年9月30日(木)
月曜日休館(20日開館、21日休館)
午前9時〜午後4時30分

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉国宝館(鶴岡八幡宮境内)

費用

一般400円

問い合わせ

鎌倉国宝館

電話

0467-22-0753

0467-22-0753

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-20

関連タグ