多摩川の黄金色ナマズ「たまずん」カワスイから川崎市・多摩区役所へ~10月から1階水槽に

シェアする
カワスイ展示でのたまずん

 多摩川で釣れた黄金色のナマズ「たまずん」が10月1日から、多摩区役所1階アトリウムの水槽に展示される。期間は12月28日までを予定。

 「たまずん」は、2020年6月に高津区宇奈根で釣れたナマズで、川崎河川漁業協同組合が宿河原の二ヶ領せせらぎ館に寄贈。公募で名付けられ、2021年4月から6月までは「カワスイ 川崎水族館」(川崎区)で期間限定の企画展示も行われた。

「ミニ水族館」に約3カ月お目見え

 多摩区役所では、多摩川に生息する淡水魚等に親しめる「ミニ水族館」の水槽に約3カ月お目見えする予定。区役所展示後は、二ヶ領せせらぎ館に再び戻るという。

 詳細は市ウェブサイトで情報発信される。

開催日

2021年10月1日(金)~2021年12月28日(火)

住所

神奈川県川崎市多摩区登戸1775-1 多摩区役所 1階

公開日:2021-09-27

関連タグ