featureBanner

2022年度から住宅ローンの控除額が引き下げ!?茅ヶ崎移住や湘南エリアでマイホーム購入は「いつまで」が狙い目?茅ケ崎駅南口の「令和地所」に聞きました

シェアする
明るく朗らかで人当たりがよい山中代表。話しているとぱっと明るい気持ちにさせてくれます

一部メディアで報道されていますが、2022年度の税制改正により、住宅ローン控除額が引き下げられる可能性が高くなっています。現行制度の恩恵を受けるためには、「いつまでに」「何をしておけば良いのか」について、茅ケ崎駅から徒歩1分の『(株)令和地所』の山中久東社長に話を聞いてきました。

■山中社長 コロナの影響もあり、2021年度の税制改正では住宅ローン控除制度が拡充され、『適応期間の延長』や『床面積の緩和』が盛り込まれていましたが、2022年度の税制改正では一転して、控除額や控除率が引き下げられる可能性が高くなっています。その背景にあるのが、いわゆる『逆ザヤ』問題です。

  • 『逆ザヤ問題』?? 初めて聞きましたが…

■山中社長 『逆ザヤ問題』とは、住宅ローン控除の控除率である1%よりも低い金利の住宅ローンを借りて住宅ローン控除を受けた場合、毎年の住宅ローン控除額が金利支払い額を上回り実質的にマイナス金利で住宅ローン借りていることです。

  • ウ〜ン…正直、よく分からないです(汗)ズバリ、「いつまでに」マイホーム購入や湘南移住を決めるとお得なんでしょうか?

■山中社長 みなさん、苦手なのでご安心ください(笑)。「住宅ローン控除制度」が廃止されることは確定していませんが、現行制度の恩恵を確実に受けるためには、控除適用の条件となっている以下の期間内に、契約等を締結しなくてはなりません。仮に廃止となると控除額で最大500万円の差が出てきますので、「今年購入するか」「来年購入するか」で「得する人!損する人!」が出てくる可能性がありますね。

◆新築注文住宅:2021年9月30日【終了】

◆分譲・中古住宅・増改築:2021年11月30日まで

◆入居時期:2022年12月31日まで

移住ブームで、物件相場が上昇 「しばらく続きそう」

■山中社長 最近の湘南エリアの物件相場は上昇傾向にあります。「ウッドショック」の影響や、都内からの移住者が多く、需要と供給のバランスが反比例していることが要因です。「人口増加率1位」になった藤沢市をはじめ、茅ヶ崎も非常に人気が高いです。

駅前に居ながらにして茅ヶ崎の爽やかな海と太陽を感じさせる外観

最近では、売地にのぼり旗を立てた瞬間に問い合わせがきたり、利便性が悪い場所でも、あっという間に成約となるので、正直びっくりしています。こんなにスピーディに物件が動く状況は、今までに経験がありません。強気の価格設定も増えているので、購入するなら「今がお得」と言えます。でも、決してあおっている訳ではありません。購入や契約はじっくりとご検討くださいね。

住宅ローンに強いスタッフが在籍、最新の「VR内見」も

(株)令和地所は、住宅ローンに精通したプロが多数在籍また、接客力には定評があり、大手不動産サイトの「優良店認定」を獲得しています。HPの「スタッフブログ」では、日々お得な情報や不動産に関する知識を更新中です。

幅広い年齢層のスタッフが、家・土地探しをサポート

また、最新の「VR内見」も導入し、自宅に居ながらにして住まい探しができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市共恵1−2−18

問い合わせ

(株)令和地所

電話

0120-080-868

0120-080-868

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-09-28

関連タグ

同じ特集の記事