葉山在住イラストレーター・樋口さんが「横須賀美術館」オリジナルキャラクター製作 

シェアする

このイベントは終了しました。

マップも製作した樋口さん

 横須賀美術館で開催されている展示「ビジュツカンノススメ アートを楽しむ4つのヒント」の案内役を務めるキャラクターを、葉山町在住のイラストレーター・樋口たつ乃さんが手がけた。樋口さんは「美術館を身近に感じるきっかけになったら」と話している。

 同展は、作品や横須賀美術館について深く知るため4つのキーワードをもとに構成。建築やピクトグラム、周囲の風景も合わせて楽しむことで、「美術館に行く面白さ」を再発見できる内容になっている。

 この展示の案内役を務めるのが、樋口さんによる展る展覧会のオリジナルキャラクター、ネコの「ようよう」とトリの「こうこう」だ。各セクションの説明や施設全体を示すマップなどに登場し、来場者に親しみを与えている。同館学芸員の工藤香澄さんは「オリジナルキャラクターを制作してもらったのは初めて。優しいタッチで可愛らしく、展示の方向性とも一致した」と話す。

 樋口さんは大学卒業後、旅行会社に勤めるも「手に職をつけたい」とイラストレーターを志して安西水丸イラスト塾を修了。アクリル絵の具で描いた絵をスキャンし、色を調整する手法で、味わい深い表現スタイルを確立した。現在は町内の自宅兼アトリエを拠点に、書籍表紙や雑誌挿絵、新聞小説挿絵、広告、パッケージなどで幅広く活動している。樋口さんは「大好きな美術館なので、こうしてコラボできて嬉しい。多くの人に見ていただき、アートに親しむきっかけになったら」と呼び掛けている。

 展示は11月7日㈰まで。観覧料一般1千円。樋口さんの活動はインスタグラムtatsuno_higuchiで発信中。

開催日

2021年10月22日(金)~2021年11月7日(日)

住所

神奈川県横須賀市横須賀美術館

費用

観覧料:1000円

公開日:2021-10-27

関連タグ