伝統行事「相模の大凧」の張替え作業の様子が見られるイベント開催【アリオ橋本】

シェアする

このイベントは終了しました。

毎年相模川新磯地区河川敷で行われる相模の大凧=アリオ橋本提供

 毎年5月に行われている伝統行事「相模の大凧」の張替え作業の様子が見られるイベントが10月23日(土)、アリオ橋本で行われる。

  同まつりは天保年間(1830年頃)から続く地域の伝統行事。大凧が大空を高く舞う姿が壮大で、毎年多くの観客で賑わいを見せる。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年・2021年は中止に。

 アリオ橋本では、2年程前から館内で大凧の展示を行っている縁で、今回初めて相模の大凧文化保存会と協力し、大凧の張替え作業のデモンストレーションを館内で実施することになった。

当日は、1階グランドガーデンを会場に正午から始まる。観覧無料。同日の【1】午前10時【2】午後1時からは、ミニサイズの凧に絵入れをするワークショップも開催。各回先着40組で、料金は500円。参加には、午前10時の開店時に会場で配布される整理券が必要。

開催日

2021年10月23日(土)
正午から

【ミニサイズの凧に絵入れをするワークショップ】
同日の【1】午前10時【2】午後1時からは、各回先着40組で、料金は500円。
参加には、10時の開店時に会場で配布される整理券が必要。

住所

神奈川県相模原市緑区大山町1−22

アリオ橋本1階グランドガーデン

費用

観覧無料。
ワークショップは参加費500円。

公開日:2021-10-22

関連タグ