地元試合で勝利! サッカーFC NossA八王子 3部昇格までのディスタンス

シェアする

FC NossA八王子(東京都社会人サッカーリーグ4部)にとってホーム試合ともいうべき「戸吹スポーツ公園」(戸吹町)での試合が10月23日に行われ、相手チームFC FUMTOSを3対0で下しました。

コロナ禍で4カ月ぶり

FC NossA八王子は今年の2月から始動し、スターティングリーグの「都4部」に4月から参戦したばかり。それにも関わらず、現在122社の協賛を得るなど、急速に地域のチームとしての存在感を示しています。目標は「本気でJリーグを目指す」。

しかし、緊急事態宣言で今年6月26日の試合を最後に、この試合まで公式戦を戦えずに来ていました。今回の試合も当初は完全無観客での開催が予定されていました。

チームは4戦全勝(不戦勝1)。同チームが所属する「グループG」の中で10月22日時点で発表されている順位としては3位。ただし、上位2チームに比べて試合数が少なく、勝点が稼げていないことが理由です。(1試合1勝利のチームを除いて)全勝しているのは全10チーム中、FC NossA八王子のみとなります。また、得失点差は+11でグループ内最多です。    

なお、3部に昇格できるのはグループ内で最多勝点の1チームのみです。   

100%のプレー

試合開始1分過ぎには最初のシュートを放ちますが、惜しくもキーパーに阻まれます。その後も前半のほとんどを敵陣内でプレーし、前半18分で22番・鎌田桜輔が得点します。

シュートにつながる場面は多数あるものの、相手チームも守りを固め、追加点はなかなか許してくれません。

後半は8分に、10番・熊坂雄大がゴール。35分にも32番・松岡翔太が3点目のゴールを挙げました。

土屋征夫監督(J リーグ功労選手賞受賞、J リーグ580試合出場)は「やっとの公式戦。みんな楽しんでいる様子だった。選手たちは100%のプレーをしてくれた」と話しました。「緊急事態宣言を考慮しながら」練習や練習試合は続けてきていたそうですが「我々が下位リーグなのに、強い大学が練習試合をしてくれたり」といった周囲の協力もあったそうです。「残りの試合もしっかり戦っていく。掲げた目標通り、全勝・無失点で」

次回は10月30日。場所と時間は同じく戸吹スポーツ公園で午後12時15分キックオフ。この試合は有観客で実施されます。             

住所

東京都八王子市戸吹スポーツ公園

公開日:2021-10-27

関連タグ