【ママ記者レポ】浄水器から水道直結のサーバー「ウォータースタンド ガーディアン」に変えて良かった!特徴を解説

シェアする

横浜市在住、5歳娘と第2子出産を控える我が家。「ママ喉渇いた〜」と言われるたび「麦茶でいい?え、ジュース?」などと聞きながら冷蔵庫まで足を運ぶ…。小さな子を持つママなら日常かもしれませんが、お腹が大きくなるにつれ、内心「水分補給くらい自分でしてくれたらどんなに楽かな」と思っていました。

そこで色々検討して見つけた水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」を導入!これが我が家にぴったりだったので、懸念点も踏まえながら紹介します。

卓上式で定額制&省電力

導入したのは、75~93度の温水3種・常温・冷水が選べるガーディアンという機種(詳細は公式サイト)。水を貯めておくタンクがないので、大きさは横×奥行が23㎝四方とコンパクト。抽水口が上下に動くため、写真の様なピッチャーも置けます。

わかりやすいタッチボタン。キッチンとダイニング間のカウンター幅にぴったりでした

残量を気にせず、瞬間浄水

気になるのが、月々かかるお金。調べてみると家庭用ウォーターサーバーは数多あり、ボトル宅配型は毎月の本数が決まっていたりします。その点、ウォータースタンドは水道から分岐して浄水するので、水自体は水道代のみ。節約意識からボトル残量を気にすることなく、毎月定額で使えます。

また、我が家のキッチン水栓は浄水フィルターが内蔵されていましたが、水を出す速度が早すぎると十分な効果が得られず、原水とあまり変わらないのでは?という不安がありました。

ガーディアンは、NASAが技術特許をもつナノトラップフィルターと、ニオイ誘発物質を除去するイノセンスフィルターを搭載。ボタンを押せばすぐ美味しい水が出てきます(温水は数秒沸かす時間あり)。フィルターは6カ月に1回交換で、月額料金に含まれています。

電気代は月約150円

もう一つ気になるのが電気代。常に温水や冷水を待機しているタイプは月800円~1200円程消費するそうですが、ガーディアンは瞬間冷温水仕様なので省エネで安心です。

子どもも自分で飲める喜び!子育て世代にオススメ

工事は1時間程度との案内でしたが、実際はテキパキ40分程で完了。

分岐水栓を設置

身長110cmの娘でも届くタッチボタンで、すぐ使えるようになりました。今では食事や服薬時、お風呂上がりと、自分のタイミングで給水して「ママも飲む?」なんてお手伝いも出来る様に!

料理にはもちろん、妊娠中の水分補給、産後はミルクや離乳食作りにと、ますます活躍しそうです。

住所

神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3156-68 ウォータースタンド戸塚営業所(ショールーム)

横浜近辺で実機を体験できるショールーム
◆戸塚ショールーム(予約制)
営業時間:10時~17時
◆藤沢ショールーム 
藤沢市藤沢2-3-15トレアージュ白旗1F
電話:0466-47-6130
営業時間:10時~19時

費用

◆ガーディアンのレンタル料金(税込)
月額4,400円
初回設置費9,900円(本体の設置・分岐水栓金具・設置部材・出張料金・廃材撤去費用)
※1年未満で撤去する場合は撤去費用6,600円。以降は月額のレンタル料金のみで使えます。また、引っ越し等による移設費用はかかりません。

問い合わせ

ウォータースタンド 戸塚ショールーム

電話

045-438-9831

045-438-9831

◆そのほか電話お問合せ・申し込み
電話:0120-032-114
営業時間:9時~21時/年中無休

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-10-29

関連タグ