<神奈川県立新城高校>地域の子どもたちや医療従事者に向けて「応援花火」75発打ち上げ

シェアする
フィナーレの「SHINJO」の文字を表した花火

 県立新城高等学校(中野真理校長)が11月1日、地域の子どもたちや医療従事者などに向けて「新城地域応援花火」を約75発打ち上げた。

 「お祭りや学校行事が中止になる中でも頑張っている子どもたちに向けた応援メッセージ」と井澤純教頭。同校では新型コロナの影響で文化祭や修学旅行が中止に。代替として1日から5日までを文系の部活の発表を行う文化週間とし、そのオープニングの意味合いも兼ねた。

フィナーレは「SHINJO」文字の仕掛け花火

 花火は午後5時半から10分間打ち上げられ、フィナーレは「SHINJO」の文字を表した仕掛け花火が登場して会場を盛り上げた。

 文化週間実行委員長の佐野宙翔(ひろと)さん(2年)は「こんな至近距離で、しかも学校で花火を見るのは初めて。特別な思い出になった」と感激。副実行委員長の秋野穂華さん(1年)は「いろんな行事が中止になって悔しかったが、先生たちのおかげで感動的な花火を見ることができてうれしい」と感謝を口にした。

住所

神奈川県川崎市中原区

公開日:2021-11-08

関連タグ