平塚で毎週土曜日にSDGsの視点から希少な無垢一枚板を販売するポップアップギャラリーが話題@「9standard.」

シェアする
平塚で毎週土曜日にSDGsの視点から希少な無垢一枚板を販売するポップアップギャラリーが話題@「9standard.」
大垣さん(右)と大野さん(左)

 既製品では実現できないモノづくりに携わる建築事務所「gkファクトリー」(大垣明弘代表)とプロサーファーで住や食の観点からナチュラルな暮らしを提案してきた「Natural Law」(大野裕史代表)のコラボレーションユニット「NL &9」が、希少であるにも関わらず廃棄されてしまいがちな無垢一枚板と出会えるポップアップギャラリーをカフェ「9standard.」(平塚市宮の前9-9-24)で毎週土曜日に開催している。

良質な材木を自然のまま

 「スタイルを持つ」をコンセプトに活動する「NL &9」。選択する全てのもののバックグラウンドにまで思いを馳せ、日々の暮らしに取り入れる豊かさを提案していく。

 ポップアップギャラリーに並ぶ材木は、一部欠けていたり、幅が広かったり、加工のしづらさはあるものの、希少価値が高く、味わい深い美しい木目のものを、大垣さん自ら買い付け。ウォールナットやモンキーポッドなど、大型量販店には出回らない良質な材木が揃うため、DIY愛好家やインテリアにこだわりたい来場者で、ポップアップ会場はにぎわう。

 店内には、ケヤキ、ブラックウォールナット、銀杏(イチョウ)、カエデ、ニッキ(シナモン)、榛(ハン)、モンキーポッドなどの希少な品種を用意。個性豊かな材木を間近で触れたり見たりすることができる。

アップサイクルして愛す『ナチュラルライン』

 プロサーファーとして、長年自然にたずさわってきた大野さん。温暖化の影響で地球を取り巻く環境が変わりゆく中、今ある自然の美しさを生かしたスタイルを提案する。

 材木の木目や形を極力いじらずに、よりいいものにアップサイクルさせる『ナチュラルライン』は、一枚板に新しい価値を与える「NL&9」の代表作。材木の欠けた部分や拡張したい部分に樹脂レジンを流し込む手法で、自然のアウトラインを活かしたまま加工を施していく。

 なめらかにカーブを描く一枚板を海岸線に見立てたクラフトテーブルには、透明感のある青い樹脂に、こまかいラメを加え、波間に注ぎ込む日光を表現した。

 大野さんは「捨てられてしまったかもしれない材木を、唯一無二の家具にアップサイクルしていきます。まずはポップアップギャラリーで、実物を見てみてください」と話していた。

 『ナチュラルライン』は樹脂レジンによりカラーや形の変更可。その他、側面カット等の材木の加工も受け付けているので気軽に相談を。

開催日

毎週土曜日

10:00~16:00

住所

神奈川県平塚市宮の前9-9-24 9standard.内

平塚駅北口から徒歩5分。
旧1号線を茅ヶ崎方面に歩いていくと、左側にあります。

問い合わせ

NL&9ポップアップストア

電話

090-4027-3760

090-4027-3760

大垣さん

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-12-20

関連タグ