12月はカモや渡り鳥の姿を楽しめるー多くの動物とも出会える街【多摩市落合:多摩中央公園内】

シェアする

 近代的な街の雰囲気の漂う多摩センター一帯は意外にも多くの動物たちと出会える街でもある。
駅から徒歩5分程度の多摩中央公園内の池では今の時期、カモや渡り鳥の姿を楽しめる。祝日ともなると珍しい渡り鳥を求め、写真の愛好家たちが集まることも。なかには池を泳ぐコイたちにも目を向ける人も少ないくない。

 また、商業施設が並ぶ一帯には意外な動物が活躍中だ。街なかにある駐車場の斜面で除草にあたるヤギたち。「草刈り機などと違い、二酸化炭素を出さずに環境にやさしい」と周辺の商業施設などを管理する新都市センター開発株式会社(鶴牧)が開放しているもので、例年春から秋にかけて登場。そろそろ今年の仕事は終了となるが、そのファンは多い。「人懐っこくてかわいい」などの声が通りすがる人のなかから聞かれている。

住所

東京都多摩市多摩市落合2丁目35

公開日:2021-12-06

関連タグ