サンタ・プロジェクト「施設の子どもたちに本を」 クリスマスの贈り物協力を(12月13日まで)

シェアする
告知ポスターを手にする藤原さん

 聖ヶ丘在住の藤原昌子さん(人物風土記で紹介)が現在、クリスマスを施設で過ごす子どもたちに本を贈る取り組みを進めている。

 「サンタ・プロジェクト」という新潟県で始まり、神奈川などにも広まった企画の多摩市版となるもので、窓口となる書店で子どもたちに贈りたい本を選び購入すると、藤原さんやその協力者を通じて子どもたちの手へ届く仕組みとなっている。

 支援を希望する人は対象となる書店で、専用のカードにプレゼントしたい子どもの年代を匿名で記入し、店員へ手渡すと「サンタ認定証」とプレゼントが贈られるという。

 藤原さんは「今年で5年目を迎えた。子どもたちには本をラッピングしたうえで責任をもって私たちが贈り届けます。多くの方にご参加頂ければ」と笑顔で話し、プレゼントづくりなどは「市内の高齢者施設の方々にも協力してもらいました」としている。

12月13日まで

 市内周辺で窓口となっている書店は鳶屋書店の多摩永山店、若葉台店(稲城市)のほか、聖蹟桜ケ丘駅近くのくまざわ書店桜ヶ丘店。締め切りは12月13日(月)まで。問い合わせはドレッセ内藤原さん【電話】042・374・8113へ。

住所

東京都多摩市

【窓口書店】鳶屋書店の多摩永山店、若葉台店(稲城市)のほか、聖蹟桜ケ丘駅近くのくまざわ書店桜ヶ丘店

問い合わせ

ドレッセ内藤原

電話

042-374-8113

042-374-8113

公開日:2021-12-10

関連タグ