県立三浦初声高校生が丹精込めて育てた農作物を手頃な価格で販売【12月22日】野菜やハーブなどが並ぶ予定

シェアする

 県立三浦初声高校和田キャンパス(和田3023の1)で12月22日(水)午後2時から、年内最後の生産物直売が行われる。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、約1年ほど休止していたが、11月から再開した直売会。授業の一環で、生徒が丹精込めて校内の畑で生産している三浦大根やカリフラワーなどの野菜、花苗が並ぶ予定だという(生育状況や天候により商品の変更あり)。

 また、今年度からは新たにハーブの栽培にも挑戦。コロナ禍の巣ごもり需要により、庭がなくても簡単に育てられ、料理にも使えるハーブが市場で人気を集めていることから、タイム、パクチー、ディル、みつばのポット苗も販売する(50円〜)=写真。

 駐車場は台数に限りあり、午後1時30分から入場可能。売り切れ次第終了。

 なお、1月は12日(水)・26日(水)の開催を予定。詳細は同校ホームページ、または和田キャンパス【電話】046・888・1036

開催日

2021年12月22日(水)
午後2時から

2022年1月12日(水)

2022年1月26日(水)

住所

神奈川県三浦市和田3023の1 初声高校和田キャンパス

駐車場は台数に限りあり、午後1時30分から入場可能

問い合わせ

和田キャンパス

電話

046-888-1036

046-888-1036

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-12-20

関連タグ