感染拡大防止を考慮して、大和市の新春恒例行事、2022年も中止

シェアする

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、新春の恒例行事が今年も軒並み中止になっている。

 泉の森の「大和市郷土民家園」で、毎年1月7日に先着で「新春の七草粥」が販売されていたが、密になることなどを理由に今年も中止に。

 同園では日本の伝統行事を知ってもらおうと、季節に合わせたイベントを開催しており、七草粥の販売もその一環。販売は1995(平成7)年から毎年開催されていたが、高齢者の参加も多いことから中止となった。

 大和市賀詞交歓会、消防出初式、駅伝競走大会も2年連続で中止になった。

 市内の各分野で活動する市民が一堂に会する賀賀詞交歓会は毎年600人以上が来場し、お互いに挨拶を交わす姿が見られていた。

 市消防本部は、消防出初式の代わりに市長の年頭挨拶や消防署・消防団を紹介する動画を配信している。

 大和警察署で毎年1月に開催していた武道始式も中止となっている。

住所

神奈川県大和市

公開日:2022-01-02

関連タグ