【常勤保育士を募集】地域に根差して17年の「瀬谷中央保育園」。四季の行事を通じて、子どもの成長を見守ろう!

シェアする
厚木街道沿いにある施設

「瀬谷中央保育園」(運営/社会福祉法人横浜育愛会)は2022年4月に開園17年を迎える、実績豊かな認可保育園。四季の行事などを通じて、子どもたちの健やかな成長を促しています。同園で働く保育士ならではの〝やりがい〟について、大沼千鶴子園長にお聞きしました。

広々とした園舎で、のびのび保育

思い出がたくさん作られてきたホール

瀬谷中央保育園は、同じ瀬谷区にある「関東幼稚園」の理事長が2005年に立ち上げた施設。幼稚園のカリキュラムを取りいれた独自の保育サービスを提供します。

開園17年ですが、園舎はきれいで、どこか温かみのある雰囲気。プールやボルダリングの遊具が揃う園庭はとても広く、子どもたちが思い切り遊べそうです。

特に印象的なのが、吹き抜けのホール。誕生日会やお遊戯会を開ける広さで、開放的な気分になります。

先輩の保育士は、瀬谷中央保育園を選んだ理由の一つに

  • 「園内がとてもきれいだったから」
  • 「広々としたホールや園庭があり、楽しく保育できると思った」

といった点を挙げていますが、それも納得できる設備の充実ぶりです。

豊富な行事。やり終えた時の達成感は格別!

行事が子どもたちの成長の機会に

大沼園長によると、同園で働く保育士の魅力は

行事をやりとげた時の達成感や、成長する子どもたちの姿を見られること。

行事は運動会やおゆうぎ会、遠足など一般的なものから…

  • いちご狩り
  • ボディペインティング
  • 七五三の季節の神社訪問
  • お餅つき
  • 節分
  • ひな祭り

などなど季節の催しまで多彩。「その分大きな達成感が得られます」と大沼園長は強調します。

また、行事を通じて、子どもの成長に触れることも醍醐味。

  • 人前が苦手な園児が夏祭りで店員役を務め、元気いっぱいにあいさつできるようになった
  • 運動が苦手な子どもでも、得意な楽器演奏で活躍する機会がある 等々

苦手なことを克服したり、個性を伸ばしたり、子どもの成長を間近で感じられます。

17年のノウハウが、行事企画の助けに

長年行われているおゆうぎ会

「行事が多くて大変そう…」と感じる方もいるかもしれません。

企画の際に活用されているのが、先輩たちが残してきた各行事の記録や写真です。「ゼロから積み上げるわけではありません。これまでの取り組みを参考にしながら準備を進めていきます」と大沼園長。企画はグループ単位で担当し、経験豊富な先輩職員がリーダーとして引っ張ってくれるそうです。

「あなたらしい色で彩りを」

もちつきを楽しむ園児たち

同園の保育士の年齢層は20代~50代と幅広く、開園から勤めている人も。勤務歴10年前後の人が多く、定着率が高い点も特徴です。長年働く方々が話すのが、「毎日の仕事が楽しい!」ということ。

「瀬谷中央保育園の伝統を、〝あなたらしい色〟で彩ってもらえれば。丁寧にサポートしますので、ぜひ一緒に働きましょう」―。

大沼園長は笑顔で、そう呼びかけています。

募集要項は下記。見学なども随時受付中。

住所

神奈川県横浜市瀬谷区橋戸1-35-28

問い合わせ

瀬谷中央保育園

【募集要項】
●常勤保育士(正職員)
●月給220,000円~(調整・諸手当含む)
●入職祝金20万円(2022年3月卒業生は30万円)
●時間/平日6:50~20:15、土曜6:50~18:15※シフト制で8時間勤務(1時間休憩含む)
●休日/日・祝・土(月3日間)※土曜出勤時は振替休日あり
夏季や冬季休暇あり、有給
●資格/保育士
●待遇/昇給年1回、賞与年2回(1年目は1回)、住宅手当(20,000円~40,000円)、横浜市保育士宿舎借上げ支援あり(家賃上限82,000円/月)、職員寮あり(利用料20,000円)、赴任手当(基本給1カ月分・神奈川県や東京都以外から赴任する方)、交通費支給(~30,000円)、各種保険

電話

045-304-3661

045-304-3661

(採用担当)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-02-23

関連タグ