絵の中の「馬」に注目 テーマ展「描かれた『馬のおはなし』」「馬車づくし!」@中区 馬の博物館

シェアする
(上)描かれた『馬のおはなし』」展より文王・太公望図屏風 桃山時代 (下)「馬車づくし!」展より三代歌川広重 ≪横浜各国商館之図≫ 明治4年9月 ※前期展示どちらも馬の博物館蔵(上)描かれた『馬のおはなし』」展より文王・太公望図屏風 桃山時代 (下)「馬車づくし!」展より三代歌川広重 ≪横浜各国商館之図≫ 明治4年9月 ※前期展示どちらも馬の博物館蔵

2つのテーマ展

 中区の馬の博物館で2月19日から、2つのテーマ展が行われている。 4月17 日まで。

「描かれた『馬のおはなし』」

 「描かれた『馬のおはなし』」では、絵のなかに登場する馬に着目しながら、日本の合戦や古典、中国の伝説などの「おはなし」が描かれた江戸時代の屏風など約20点を紹介。

「馬車づくし!」

「馬車づくし!」では、同館が所蔵する幕末〜明治期の横浜浮世絵・開化絵を中心に、馬車や馬車鉄道が描かれた作品約35点を前期・後期に分けて紹介する。前期は3月13日まで、後期は3月 16日から4月17日まで。

詳細

 開館は午前11時から午後4時30分まで。入館料は大人百円、小中高校生 30 円(毎週土曜日は小中高校生無料)。月曜休館(3月21日は開館)、当面臨時休館あり、ホームページで確認を。(問)【電話】045・662・7581

住所

神奈川県横浜市中区 馬の博物館

費用

入館料
大人百円
小中高校生 30 円(毎週土曜日は小中高校生無料)

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-03-06

関連タグ