【収蔵資料初披露】自然・人文博物館で横須賀の近現代を回顧~ジャンル横断・多様な資料幅広く展示~

シェアする
昭和時代につくられた三浦半島の観光ガイドやパンフレット

 深田台の横須賀市自然・人文博物館では、3月5日(土)から近年に収蔵した近現代資料を初披露する企画展示を行う。6月19日(日)まで。

 市民から寄贈を受けた横須賀ゆかりの歴史資料の中からこれまで紹介していなかったものを中心に、ジャンルに捉われることなく幅広く展示する。

 終戦後の横須賀で数多くあった米兵向けの似顔絵販売店で本国に持ち帰られることのなかった作品コレクション、2022年に150周年を迎えた汐入小学校と豊島小学校の古い写真や記録映像を観ることができる。

 昭和初期の医院建築に見られた西洋の古典様式でデザインされた天井飾りや戦前戦後の時代の空気を感じることのできる 『海と空』『海軍グラフ』『アサヒグラフ』などの古い雑誌も並ぶ。横須賀の地元情報満載の『軍港よろず新聞』(大正14年)は壁掛けで一覧展示する。

 同月5日には、学芸員による展示資料の解説がある。時間は午後2時から3時。参加無料。

 開館時間は午前9時から午後5時、月曜休館。

 問い合わせは【電話】046・824・3688 

開催日

2022年3月5日(土)~2022年6月19日(日)
9時から17時
※月曜休館

住所

神奈川県横須賀市自然・人文博物館

問い合わせ

自然・人文博物館

電話

046-824-3688

046-824-3688

公開日:2022-03-12

関連タグ