【神奈川区】大口で防災イベント 商店街会場に意識啓発

シェアする
消防服を身にまとう子どもたち

 大口通第二町内会と大口通商店街が3月13日、合同で防災イベントを開催した。

 商店街を会場に、携帯トイレや除菌シートといった防災グッズの配布をはじめ、バザーや焼き芋200本の無料配布、子どもを対象とした消防服を着ての記念撮影などが行われ、足を運んだ地域住民らの防災意識啓発に努めた。

 同町内会の担当者は「災害はいつ起こるか分からないので、その時々で臨機応変に対応するしかない。今後も防災イベントを継続していき、参加していただく方が防災に関心を持てるきっかけになれば」と話していた。

神奈川区「支え愛プラン」のページへ

住所

神奈川県横浜市神奈川区

公開日:2022-03-24

関連タグ