逗子の奨学金財団「意欲ある若者後押し」~給付型奨学金制度~4月1日から受付開始

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 一般財団法人逗子市渡邉利三奨学金財団がきょう、4月1日から給付型奨学金制度の応募受付を始めた。

 この制度は逗子市出身で、元実業家、篤志家の渡邉利三さんが昨年、寄付した10億円を原資に市が財団を設立、運営している。渡邉さんは幼いころに父親を亡くし、市の教育援助を受けたほか、奨学金を得て大学進学や海外留学を経験した。その後、起業し輸入販売や教育関連などの事業を手掛け、現在は教育財団事業を行っている。市によると、「国内外を問わずリーダーとして活躍するという高い志を持ち、かつ経済的に大学に進学することが困難な若者を後押しすることで、育ててくれた逗子市に恩返しができれば」と意向を示しているという。奨学金は寄付金の運用益でまかなわれる。

 対象は今月から大学に進学する逗子市在住者(20歳未満)で、支給額は年間72万円(月6万円)。所得要件や成績要件あり。募集人数は5人で、スーパーグローバル大学枠3人、一般大学枠2人の予定。受付は5月10日(火)までで、書類選考を経て6月中に受給者を決定する。他の給付型奨学金との併給はできない。また、大学の正規の修業年限を修了するまで継続支給するが、成績が基準を満たさない場合や同一世帯の所得が申請資格の基準を満たさない時は当該年度限りで打ち切られる。

 問い合わせは逗子市教育委員会教育総務課【電話】046・873・1111(内線512または513)

開催日

2022年4月1日(金)~2022年5月10日(火)

住所

神奈川県逗子市逗子市教育委員会

問い合わせ

逗子市教育委員会教育総務課

電話

046-873-1111

046-873-1111

内線(512)または(513)

公開日:2022-04-08

関連タグ