料理でウクライナ支援 「ボルシチ」の売上寄付<横浜市青葉区しらとり台飲食店>

シェアする

PR・イベントは終了しました。

店主の浅香さん(左)、ボルシチを作る妻の千昭さん

 ロシアによる侵略が続くウクライナを支援しようと「K’s(ケーズ) BAR(バー) Still(スティル)」(しらとり台34の4)が、ウクライナの郷土料理「ボルシチ」を1000円で提供し、その売上全額を寄付するプロジェクトを3月22日から行っている。

 ボルシチはビーツや野菜、牛肉などを煮込んだスープにサワークリームを混ぜながら食べる。

 同店では、ウクライナ人の母を持つ常連客の要望を受け、昨年からボルシチをメニューの一つとして提供。レシピを教わり試行錯誤の末、完成した本場直伝の味だという。

 ウクライナ南部のオデッサが横浜市と姉妹都市であることを知った店主の浅香馨次(けいじ)さんは「日々悲惨なニュースを見て、何とか支援ができないか」と思い立ち、妻の千昭さんと始めたという。ボルシチに使われる具材は日本では手に入りにくく手間暇もかかるが、材料費は全て同店が負担している。利用客から「支援看板が目に留まり食べにきた」という声も。

 1日限定12食。4月15日まで販売し、国連難民高等弁務官事務所を通して人道支援に充てるという。店舗には募金箱も設置している。営業時間は午後6時から深夜0時まで。定休日は水曜日。

提供しているボルシチ

開催日

2022年3月22日(火)~2022年4月15日(金)
営業時間は午後6時から深夜0時まで
定休日は水曜日

住所

神奈川県横浜市青葉区しらとり台34の4

問い合わせ

K's BAR Still ケーズバースティル

公開日:2022-04-03

関連タグ