葉山町・山口蓬春記念館で四季の機微を味わうー春季企画展 4月9日から6月5日までー

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 山口蓬春記念館(葉山町一色)が企画展「山口蓬春と四季の移ろい―春が描いた自然の息吹―」を行う。4月9日(土)から6月5日(日)まで。

 古来から、日本絵画の主要な型の一つとして知られる四季絵。この伝統は表現の型を新しくしながら現代の日本画にも息づいている。企画展では春作品に見る季節の移ろいを、華やかな花鳥草木の作品から読み解き、画業初期の瑞々しい作風から、晩年の円熟した境地まで魅力に迫る。また、蓬春が愛蔵した「十二ヶ月風俗図」(重要文化財)のほか、江戸時代に活躍した住吉具慶、狩野常信、浦上玉堂の作品も展示。繊細な季節感覚を楽しむことができる。

 入館料一般600円、高校生以下無料。毎週月曜休館。問い合わせは同館【電話】046・875・6094

開催日

2022年4月9日(土)~2022年6月5日(日)
毎週月曜日休館

住所

神奈川県葉山町山口蓬春記念会館

費用

入館料:一般600円 高校生以下無料

問い合わせ

同館

電話

046-875-6094

046-875-6094

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-07

関連タグ