【“歯を残す”柱】 進行した「むし歯」も できるだけ削らない プラズマレーザーでの治療とは<横浜市港北区・ルトゥール歯科診療室>

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 今年開院12年目を迎えた、ルトゥール歯科診療室。よりよい治療法を取り入れてきた同院が一昨年に導入したのが、プラズマレーザー。高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により「むし歯や歯周病、歯の強化など様々な治療を麻酔なしで従来より痛みも少なく行える先進機器です。麻酔や削る音が苦手な方は一度相談を」。

むし歯治療、 削る量が最小限に

 歯のむし歯の部分のみ殺菌し、健全な歯質の耐酸性を高める働きがあるため、歯を削る量を最小限に抑えられ、歯質の強化ができ、むし歯の予防にも。「進んでしまった大きなむし歯の場合、むし歯を削ると神経まで達してしまい、神経を抜いて被せ物にしなくてはなりませんでした。プラズマレーザーでは、削る量を抑えられるので歯の神経を抜かなくてもすむ可能性が高くなります」。更に生え立ての永久歯は構造が弱いので「プラズマレーザーで歯質の強化とお子様の永久歯を守る働きが期待できます」と金沢院長。自費診療で22000円~。

 なお、院内の水は除菌水に変更するなどし、感染対策徹底中。

開催日

2022年4月7日(木)~2022年5月7日(土)

住所

神奈川県横浜市港北区高田東4-23-4高田駅医療ビル3階

問い合わせ

ルトゥール歯科診療室

電話

0120-26-6480

0120-26-6480

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-04-07

関連タグ