<川崎市宮前区・東高根森林公園>指定管理者変更にともない駐車場のシステムが自動化に!

シェアする
変更になった駐車場の入退場ゲート

 川崎市内唯一の県立公園「東高根森林公園」の指定管理者がこのほど、東高根森林公園パートナーズから株式会社石勝エクステリア(東京都世田谷区)に変更となった。

 これにともない、同公園の駐車場システムも、今まで入口で事前徴収していた駐車料金が後払いに変更。土日祝日のみ有料、平日無料は変更なし。

事前精算を

 車で入場するとナンバープレートカメラ認識システムが読み込み、バーが開く仕組みで、駐車券は発券しない。精算機では、読み込んだナンバープレートを自動で大型車・普通車・二輪車を判別し精算する。退場ゲートでもナンバーを自動で読み込みバーが上がるため、スムーズな退場ができるよう、同園では事前精算を呼びかけている。

住所

神奈川県川崎市宮前区神木本町2-10-1 東高根森林公園

公開日:2022-04-29

関連タグ