featureBanner

「自分らしく生きること」障害者アート展、浜見平のブランチ茅ヶ崎2で。4月23日から2023年3月まで

シェアする
展示予定の作品「カラフルな都会」=アール・ド・ヴィーヴル提供

障害者アートの作品展が、商業施設「ブランチ茅ヶ崎2」(茅ヶ崎市浜見平3−1ブランチ茅ヶ崎2ー2階エントランスとサンノイチ)で、4月23日(土)から開催されます。

これは、神奈川県が進めている「ともに生きる社会かながわ憲章」の理念の実現に向けて行われる「ともいきアートサポート事業」の一環。2020年度から開始され、障害の程度にかかわらず、文化芸術の鑑賞や創作、発表できる機会を創出しています。

同作品展は4月から2023年3月まで行われ、社会福祉法人翔の会(茅ヶ崎)と認定NPO法人アール・ド・ヴィーヴル(小田原)、NPO法人スタジオフラット(川崎)の3つの団体が順次展示を行います。

初回はアール・ド・ヴィーヴルの作品、約20点が展示される予定。同団体はダウン症や自閉症、知的障害や精神障害、肢体不自由などの障害のある人たちが、自分の得意なことを発信して「自分らしく生きること」を追求できる場を提供しています。

出品する作者の一人、佐藤玲奈さんの作品は、画用紙に色鉛筆で描いた絵画=写真。細かく色分けされたカラフルな絵の中には、願望や未来感が表現されているといいます。同団体の萩原美由紀理事長は「アーティストの思いが詰まった作品を展示します。ぜひご覧になってください」と話します。

「ともに生きる社会かながわ憲章」は、2016年に起きた津久井やまゆり園の事件を受け、県と県議会が策定したもの。

問い合わせは神奈川県共生推進本部室【電話】045・210・4961へ。

#ちがすきトップページはこちら

開催日

2022年4月23日(土)~2023年3月9日(木)

住所

神奈川県茅ヶ崎市浜見平3-1 ブランチ茅ヶ崎2

問い合わせ

神奈川県共生推進本部室

電話

045-210-4961

045-210-4961

公開日:2022-04-25

関連タグ

同じ特集の記事