ラオスの伝統織物伝える 2022年5月 横浜市金沢区で販売会

シェアする
ラオスの織物などが並ぶ

 ラオスの織物などを販売し、その作り手と日本をつなげるPaTu(相馬淳子代表=人物風土記で紹介)は、5月に販売会を実施する。ラオスの天然染色のストールや端切れの量り売り、モン族のシーラーさんが作ったピアス、ラオスコーヒーなどが並ぶ。作り手の生活を守り、織物の伝統が続くように活動を続ける相馬代表。「ラオスの天然染織工房から金沢区に直接届く作品を見ていただきたい」と話す。

 【販売会日時】▽5月14日(土)午前11時〜午後2時=ノキサキドヨウイチ(金沢区称名寺そば、アサバアートスクエア斜め向かい)▽5月25日(水)・26日(木)午前11時〜午後4時=アサバアートスクエア(金沢町205)、その他詳細はPaTuフェイスブックで▽問い合わせ=【メール】patu.jasmine2016@gmail.com

開催日

2022年5月14日(土)
午前11時〜午後2時=ノキサキドヨウイチ(金沢区称名寺そば、アサバアートスクエア斜め向かい)

2022年5月25日(水)~2022年5月26日(木)
午前11時〜午後4時=アサバアートスクエア(金沢町205)

住所

神奈川県横浜市金沢区

メールアドレス

patu.jasmine2016@gmail.com

公開日:2022-05-07

関連タグ