5月3日から「横浜ローズウィーク」が開幕  各所で約2200品種9千株@横浜市内各所で

シェアする
山下公園で約160品種、1900株のバラの競演が港の風景と共に楽しめる「未来のバラ園」(写真は昨年)

横浜市の花である「バラ」を主役にしたイベント

 横浜市の花である「バラ」を主役にしたイベント「横浜ローズウィーク」が5月3日にスタートした。バラの見頃にあわせて6月12日(日)までの期間中、市内各所で様々なイベントが開催される。市内の参加飲食店では、バラをテーマにしたスイーツやカクテルなどの花グルメも楽しめる。

「はまみらい」や「セント・オブ・ヨコハマ」など横浜ゆかりの品種も

 主な会場は中区の山下公園や、港の見える丘公園、アメリカ山公園、山手イタリア山庭園、西区の横浜イングリッシュガーデン、野毛山公園など。最盛期は5月中旬頃から下旬頃の予定で、「はまみらい」や「セント・オブ・ヨコハマ」といった横浜にちなんだバラをはじめ、約2200品種9千株が楽しめる。

5月12日(木)から15日(日)まで 横浜市役所では園芸イベント!

 5月12日(木)から15日(日)まで横浜市役所1階で、新品種の切り花や鉢物約100種の展示やガーデニンググッズの販売などを行う園芸イベントも。

 主催のガーデンネックレス横浜実行委員会では「スマートフォンを使ったデジタルスタンプラリーと一緒に、この時期ならではのバラいっぱいの横浜をお楽しみ下さい」と話している。

住所

神奈川県横浜市横浜市役所

ほか

公開日:2022-05-10

関連タグ