〈入館無料〉はだの歴史博物館で2つの企画展  石が語る秦野と50年前の写真

シェアする
50年前の写真や資料の展示(上)と、石を通して見る秦野の暮らし(下)

はだの歴史博物館(秦野市堀山下380の3)が現在、「石が語る秦野のくらしと祈り」と「レンズがとらえた50年前の秦野」の2つの企画展を開催しています。

道祖神など展示

第1企画展示室「石が語る秦野のくらしと祈り」では、人類誕生から道具として利用されている「石」を通し、秦野の人々の生活や信仰の歴史をたどる。会場には石のかまどや石臼など生活道具、中世の供養塔である板碑、道祖神などを展示。触って観察するコーナーも設置されている。

期間は7月10日(日)まで。

レンズがとらえた秦野

第2企画展示室では「レンズがとらえた50年前の秦野」を実施。1972(昭和47)年の広報はだの用に撮影された写真や資料から、丹沢まつりや秦野たばこ祭、中央運動公園野球場、下大槻団地とひろはた幼稚園など、当時の様子を振り返る写真等が展示されている。

期間は6月26日(日)まで。

入館無料。開館時間は午前9時から午後5時(入館は4時半)まで。月曜(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日は休館。

問い合わせは、はだの歴史博物館【電話】0463・87・5542へ。

▼はだの歴史博物館のレポートはこちら

開催日

第1企画展示室「石が語る秦野のくらしと祈り」
期間は7月10日(日)まで


第2企画展示室「レンズがとらえた50年前の秦野」
期間は6月26日(日)まで

開館時間は午前9時から午後5時(入館は4時半)まで
月曜(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日は休館。
入館無料

住所

神奈川県秦野市堀山下380の3 はだの歴史博物館 

問い合わせ

はだの歴史博物館

電話

0463-87-5542

0463-87-5542

公開日:2022-05-19

関連タグ