書道家粟津紅花さん「美文字」指南「Twitter指導」で国境越え反響に手応え

シェアする
字のバランスなどを添削

 蒔田町在住の書道家で「紅花書道塾」を主宰する粟津紅花さんが生徒の硬筆作品を添削し、その画像を昨年からTwitterで公開している。年齢や国籍を問わず、「字がうまく書けるようになりたい」という人々からの反響が大きく、多世代に向けた指導法に手応えを感じている。

 粟津さんは30年前から自宅などで書道教室を開き、子どもから高齢者まで指導する。書道だけでなく「準備に手間がかからず、誰でも気軽に学べる」との理由で、鉛筆やボールペンを使った硬筆教室も行ってきた。

 粟津さんによると、文章を書く時に7割強が平仮名になることが多いという。平仮名が中心の短い文章であれば、SNSで「美文字」の書き方を指導できると考え、添削した生徒の作品を昨年からTwitterで公開している。

動画制作ヒントに

 粟津さんは息子の紅翔さん、娘の紅扇さんとともに書道を海外に広める活動に取り組んでいる。2年前、SNSを使って世界から集めた新型コロナウイルスの収束を祈願した「書」と自分たちの書道パフォーマンスを動画にし、YouTubeに投稿。外国人からの反響も大きかったという。

 この成功をヒントに昨年から始めた「Twitter指導」も国境を越えた広がりを見せる。ツイートを見た人からは「癖字が直った」などの反響を得ている。粟津さんは「Facebookやブログにも添削した作品をアップしている。誰もが気軽に学べるツールとして広げていきたい」と話し、さまざまなニーズに応えていく。

【粟津さんのTwitter】
https://twitter.com/beninosho?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

住所

神奈川県横浜市

公開日:2022-06-08

関連タグ