葉山町の山口蓬春記念館で「モダニズムへの歩みを探る」企画展開催

シェアする
山口蓬春《南嶋薄暮》昭和15(1940)年

 山口春記念館が「山口蓬春 新日本画への飛躍―モダニズムへの歩みを探る―」を6月11日㈯から9月25日㈰まで開く。1947年に葉山に転居した蓬春。ここで東洋画の知識をもとに、西欧近代絵画をも彷彿とさせる明るく知的な画面構成を追求。「蓬春モダニズム」と呼ばれ、戦後日本画壇に進むべき道筋を示した。

 展示では画業初期の新興大和絵会の時代から、蓬春がいかに近代日本画の進むべき方向を模索し、モダニズムへと飛躍していったのかを、当時の画家たちとの交流にも触れながら振り返る。

 6月18日㈯、8月13日㈯の午後1時30分からは学芸員による展示解説も。開館時間は午前9時30分から午後3時30分(入館は3時)まで。毎週月曜(7月18日と9月19日は除く)と7月19日㈫、25日㈪から8月5日㈮、9月20日㈫は休館。一般600円、高校生以下は無料。問い合わせは同館 046・875・6094

開催日

2022年6月11日(土)~2022年9月25日(日)
開館:午前9時30分から午後3時30分(入館は午後3時)まで

住所

神奈川県葉山町山口蓬春記念館

費用

入館料:一般600円 高校生以下無料

問い合わせ

同館

電話

046-875-6094

046-875-6094

公開日:2022-06-16

関連タグ