企業の「働き方」に寄り添う 時代のニーズを捉える 【株式会社東邦通信システムズ・

シェアする

昨年「かながわSDGsパートナー」に認定された㈱東邦通信システムズ(橋本日吉社長)。ICT(情報通信技術)の活用を通じ、企業の「働き方」に寄り添い、社会貢献としてSDGsに積極的に取り組んでいる。

同社では、自立循環型『ヤサイクル』ループ運動(微生物を用いた食品残渣の有機肥料化)を展開。地域の病院施設や飲食店の協力を得て、食品の残りや調理くずを調達し、撹拌発酵機〝マジックバイオくん〟で、有機肥料を生成し、この有機肥料で育てられた美味しい無農薬野菜を市内のレストランへ提供する。

また、自然災害やサイバー攻撃などで会社機能が突然停止、パソコンやサーバーのデータが消滅する不測の事態に備え、すべてのデータを自動でクラウド上に複製、遠方のデータセンターに退避することを可能にするなどのIT環境を整えることで、中小企業が事業を継続・復旧し、事業継続計画(BCP)を作ることができるよう提案し続ける。

大和商工会議所の副会頭を務める橋本社長を始め、同社で先頭に立ってSDGsの旗を振る橋本博文取締役など、同社のサステナビリティ(持続可能な)経営の取り組みは、ICTへの転換が求められる中、常に時代を見通したニーズを的確に捉えている。

私たちの取り組むSDGs目標

SDGs特集ページへ

住所

神奈川県大和市中央林間 1-10-7

問い合わせ

株式会社東邦通信システムズ

電話

046-276-5828

046-276-5828

平日9~17時

公開日:2022-06-10

関連タグ