【9日から12日頃までが一番の見頃の予想】初夏の花が公園彩るーハナショウブとアジサイ開花@相模原市南区:相模原公園

シェアする
相模原公園のハナショウブ=6月1日撮影

 相模原公園(南区下溝)の「水無月園」では、118種約2万2000株のハナショウブが咲き競う。同園によれば、「天候にもよるが9日から12日頃までが一番の見頃になりそう」だという。なお、恒例行事の「しょうぶまつり」は中止となった。問い合わせは同園【電話】042・778・1653。

麻溝公園

 相模原公園に隣接する麻溝公園(南区麻溝台2317-1)では、市の花・アジサイがそろそろ見頃を迎えそうだ。園内には200種、約7400株のアジサイが植えられており、例年来園者の目を楽しませている。中には7月下旬が見頃となる品種も。
 通常は開放されていない「圃場」の特別一般開放は6月13日(月)から18日(土)まで。時間は午前9時30分から正午。問い合わせは同園【電話】042・777・3451。

麻溝公園のアジサイ=6月3日撮影

住所

神奈川県相模原市南区下溝3277

相模原公園

問い合わせ

相模原公園

電話

042-778-1653

042-778-1653

公開日:2022-06-09

関連タグ