NEW

廃棄物処理・リサイクル 「環境と福祉の融合」に邁進 【リネックス有限会社・大磯町】

シェアする
リサイクルセンターでは廃棄物の約90%を再資源化

 「廃棄物事業を通じて環境問題を考え、循環型社会や地域福祉に貢献したい」――。大磯町月京に本社を構えるリネックス有限会社(工藤広樹社長)は、湘南地域を拠点に一般・産業廃棄物の収集運搬・処理・リサイクル事業に従事。大磯・寒川・鎌倉・平塚・大和に事業所があり、大磯・平塚のごみ回収と鎌倉のごみ処理委託業務、大磯と寒川のリサイクルセンター(中間処分場)で広く首都圏の廃棄物処理を請け負っている。

 社名には、ひとつの役割を終えた生命が生まれ変わり、また新たな役割を務めるRIN NE(輪廻)と、未来を示すX(エックス)を組み合わせ、「循環型社会の実現のため努力する」という思いが込められている。

再資源化9割超

 産業廃棄物をごみにしないため、同社リサイクルセンターでは廃棄物を機械と人の手で厳しく選別。再利用への道を開き、缶・ビン・ペットボトルは100%、それ以外の廃棄物も90%以上を再資源化している。

 地球環境をより良い状態で次世代へ引き継ぐため、これまでも環境負荷低減の国際規格ISO14001取得、かまくらエコアクション21、かながわプラごみゼロ宣言などへの参画や、カーボンオフセットを通じたモンゴルなどへの植林事業にいち早く取り組んできた同社。今年5月に県の「かながわSDGsパートナー」に登録し、循環型社会の一翼を担う企業としての思いを新たにした。

福祉雇用を創出

 また同社では創業時から継続して、障がい者・高齢者の積極的な雇用を行っている。近隣の養護学校から職場体験も受け入れ、その縁で入社した社員も。「これからも事業を通じて環境と福祉を一体として取り組み、地域に貢献していきたい」

私たちの取り組むSDGs目標

SDGs特集ページへ

開催日

2022年6月24日(金)~2022年7月24日(日)

住所

神奈川県中郡大磯町月京29-3

問い合わせ

リネックス有限会社

電話

0463-72-2863

0463-72-2863

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-06-24

関連タグ