甘みと酸味のバランスが人気のブランドみかん「湘南の輝き」 出荷開始

シェアする
機械と人の手で行われる選果作業

 糖度12度以上という抜群の甘みと程よい酸味のバランスが人気のブランドみかん「湘南の輝き」の出荷が、大磯町生沢のJA湘南大磯柑橘選果場で6月30日から始まった。温室栽培で露地みかんより3カ月以上早く収穫できることから、お中元など夏の贈答品としても珍重されている。

 「湘南の輝き」は、JA湘南が2005年に商標登録したブランドみかん。収穫時期を早めるために温室内を11月頃から暖めるとともに、潅水管理を徹底することで木の水分吸収量を抑えて、果実にたっぷりと甘さを蓄えている。5月上旬から収穫までの期間は温室内に白い反射シートを敷いて満遍なく太陽光を当てることで食味よく仕上げるなど、手間暇をかけて栽培されている。

 味の良さもさることながら、秋から冬にかけて旬を迎えるみかんは夏場には珍しく、毎年販売を心待ちにしているリピーターも多い。高級感のある化粧箱に収められた湘南の輝きは、贈答用としても高い人気を誇る。

「色づき良く納得の出来」

 今年は大磯町と二宮町の生産農家5戸が、約81アールの農園で栽培。初出荷には2戸の生産農家から約2トンのみかんが選果場に運び込まれ、果実の大きさや傷の有無、色づき具合などを機械と人の手で一つひとつ丁寧に確認しながら箱詰め作業が進められた。横浜や平塚など県内5市場へ送り、8月下旬までに約20トンの出荷量を見込んでいる。

 この日に持ち込まれたみかんの平均糖度は12・8度、酸度0・94度という絶妙なバランス。JA湘南ハウスみかん組合の小林範治組合長(53)は「原油価格の高騰で燃料費がかさみ、心苦しいがやや販売価格を値上げせざるを得なかった。しかし温室で適切な温度・水の管理をしたことで今年も色づきが良く、ちょうど良いサイズのみかんが収穫できた。購入してくださる皆様に納得していただける出来になっている」と太鼓判を押した。

 販売価格は化粧箱1・25kg入りが2800円、2・5kg入りが5000円、段ボール5kg入りが8500円(いずれも税込み)。平塚市寺田縄のJA大型農産物直売所あさつゆ広場(【電話】0463・59・8304)や、JAの通販サイト「JAタウン」などで取り扱っている。

住所

神奈川県平塚市あさつゆ広場

費用

販売価格は化粧箱
1・25kg入りが2800円、2・5kg入りが5000円、段ボール5kg入りが8500円(いずれも税込み)

公開日:2022-07-12

関連タグ