藤沢市葬祭業組合の「うち輪の葬儀(12万1千円)」暮らしを大切にしたい人に選ばれています!藤沢市が運営する「大庭斎場」の活用で安価な葬儀も

シェアする

 故人はしっかり送ってあげたい。でも、費用はなるべく抑えたい。思っていても、中々相談しにくい葬儀料問題。藤沢市斎場(大庭斎場)の管理などにも携わる、藤沢市葬祭業組合が提案する葬儀プラン「うち輪の葬儀」が話題となっている。

  • NPO法人葬儀支援ネットワークとタイアップし、病院や施設からの寝台車から収骨まで全てが含まれ、税込み12万1千円で葬儀が行える。

「後悔しない葬儀」ってなんですか?

 いつか来る大切な人との別れ。

 生前にやってあげたかったこと、語り合いたかった思い出、伝えたい想い。気持ちと向き合い、整理できるひと時も葬儀の一面。しかし、事前に準備していないことも多く、その葬儀自体に後悔が残ってしまうことも少なくない。

葬儀費用と気持ちの折り合いをどうつける?

 特に近年多いのが「費用」問題。悲嘆にくれる間もなくやってきて、遺族を戸惑わせるのが葬儀料システムだ。

 社会情勢も不安定な中、この先何があるか分からないので、少しでも節約したいという考えは、日々の暮らしに限らず、葬儀でも同様だ。葬祭場でも「故人はしっかり送ってあげたい。でも、費用はなるべく抑えたい」という相談が多くなっているという。

 

 その一方で、「費用を抑えたい」という思いを、葬儀業者に打ち明けられないという声も多い。「シンプルな葬儀でいい」という故人の想いに沿うはずが、有料オプションが後から追加され想定外の金額になるケースもある。「せっかくなら最期は盛大に」と言われると、費用を抑えることで故人への想いが薄いと思われていないかと不安視する人もいるのだ。

葬儀も「必要なものだけでいい」

 後悔しない葬儀のため、事前に自身で最期の時までのルートを整える「終活」が広まっている。また、自身に必要なものだけを見つめなおして日々の暮らしを整える「ミニマリズム」も人気だ。

 葬儀においても、「お城みたいな祭壇は好みに合わない」「豪華なお花はいらない」「燃やしてしまう棺も派手にしないでほしい」「感染症対策もあり、招待客は最低限に」といった要望が増えているという。

 そんな中で藤沢市葬祭業組合が提案しているのが、「葬儀に必要なものだけを取りまとめた」このプラン、「うち輪の葬儀」だ。

 藤沢市葬祭業組合では、「利用者の声に寄り添う」を大切に、地域の葬儀を執り行ってきた。「後悔しない、よりよい葬儀を行うため、いろいろとご提案させていただくことはあっても、それが押しつけになってはならない。シンプルな選択肢も時代には必要」と説明する。

葬儀に最低限必要なもの

 うち輪の葬儀に含まれる一式は以下の通り。

病院や施設からの搬送料(10㎞)/霊柩車/祭壇飾一式/お棺一式/組布団一式/シーツ/納棺用品仏衣/位牌/ドライアイス2回分/収骨用品/諸手続き代行/納棺作業費/焼香用品一式/線香/ローソク

これら全て込みの料金。追加費用もほぼ0円。

  • 長年葬儀に関わり続けた地元企業からなる組合が精査した内容なので、信頼もお墨付きだ。

シンプルでも遺族が満足できるなら「良い葬儀」

 同プランを利用した藤沢市のご家族。

 一家の大黒柱であった父親を突然失い、「今後の家族の暮らしを考え、価格を抑えたい」というのが遺族の切実な願いだった。藤沢市市民なら安価で利用できる市斎場の利用を検討。地元の藤沢市で信頼できる企業をと考え、同組合に相談に訪れた。

 実は、別の葬祭企業に生前相談したこともあったご家族。当時提案を受けたプランの金額では「正直、この先が不安。でも、お金があの時より無いのでプランを安くしたいです、とはとても相談できると思えなかった」と吐露する。

 ご家族が「救いの手」と振り返るのが、相談に乗ってくれた組合員スタッフのやさしさ。親身になり、焦らせることなく、じっくり話を聞いてくれたスタッフの姿に、「この人なら、と正直に価格の相談を打ち明けました」と振り返る。

 スタッフは、慌てることなく「それでしたら、価格を抑えたプランで相談しましょう。価格を抑えても、今はしっかりとしたご葬儀を執り行えます。後悔しない葬儀にしましょう」とほほ笑み、うち輪の葬儀を含むいくつかのプランを紹介してくれた。

 「ホッとしました。正直、亡くなった時からずっと、この先どうするか不安で仕方なかった。ここでご相談できたこと、受入れていただけたおかげで、この先もきっとやっていける、と重荷が下りたようでした」とご家族。

 搬送料から祭壇一式まで最低限必要なサービスを全て盛り込み、追加費用無い点も安心して任せられたと振り返る。弔問に訪れた親族から「心配していた家族の様子が思いのほか穏やかで、ゆっくり語らうことができた。良い葬儀だった」との声も寄せられたという。

  • ご家族は「満足できる最期のお別れができた。任せて良かった」と振り返る。

藤沢市運営の大庭斎場。組合寄付の車椅子も

 藤沢市では市が税金などの公費で運営し、民間斎場の約3分の1程度と比較的安価に利用できる「藤沢市斎場(大庭3761)」がある。大庭にあることから「大庭斎場」の名でも親しまれている。

 同組合は、藤沢市で長年葬儀を営む企業からなる団体で、藤沢市斎場が完成した当初より管理運営を引き受けている。

 また、藤沢市には火葬場として「藤沢聖苑(大鋸1251)」もある。

 同組合はここでも火災訓練への参加など積極的にかかわっており、2022年7月には、藤沢聖苑の古くなった車椅子に対する利用者の声を聞き、新たな車椅子を4台寄付もした。

寄贈された車椅子を持つ藤沢聖苑場長(左)と組合員の平本氏(右)

 ▷組合の寄贈の記事はこちらから

「藤沢市のご葬儀 まずはご相談ください」

 前進は戦時中に結成した、地元葬儀社の団体という「湘南葬具葬祭業組合」。藤沢市の葬儀を支えるために結成し約半世紀。地域からの信頼も厚い、藤沢市葬祭業組合。現在の所属は以下の6企業。

 ▷藤沢市葬祭業組合のホームページはこちらから

 「不安なこと、言いにくいこと、なんでもご相談下さい。地域の葬儀を支え続けてまいりました。事前相談は無料です。お気軽にお声がけください」と呼び掛けている。

住所

神奈川県藤沢市NPO法人葬儀支援ネットワーク 藤沢市辻堂2ー17-27

電話

0120-610-002

0120-610-002

24時間対応

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-08-29

関連タグ