<小学生から高校生募集>現代人形劇センターによる伝統の人形芝居体験「 乙女文楽教室」全8回

シェアする

PR・イベントは終了しました。

練習の成果を披露する発表会

 神奈川県の伝統人形芝居を子どもたちが体験する「乙女文楽教室」が7月27日から8月28日まで全8回、ひとみ座スタジオ(井田3の10の31)で行われる。主催は現代人形劇センター。

乙女文楽

 人形を三人がかりで操る文楽を、一人で扱えるように工夫された乙女文楽。特殊な金具を体に装着し、全身を使って人形を巧みに動かす。主催者は「体の動きが大切で、踊りや演劇の楽しさも一緒に味わえるユニークな人形芝居」とその魅力を話す。初級クラスの稽古演目「二人三番叟」は、五穀豊穣の舞が転じて、今ではめでたい席などで演じられる。稽古はあいさつから始まり、独特の音やせりふを学ぶ。

井田神社の大祭でも公演予定

 対象は小学高学年から高校生で全8回参加できる人。定員は先着10人。参加費無料(足袋は各自用意)。家族や友人、地域の人を招待して練習の成果を披露する発表会は8月28日に行う。秋には井田神社の大祭でも公演予定。

 問合せは同センター【電話】044・777・2228(塚田さん)。

開催日

2022年7月27日(水)~2022年8月28日(日)

住所

神奈川県川崎市中原区井田3-10-31 ひとみ座スタジオ

問い合わせ

現代人形劇センター(塚田さん)

電話

044-777-2228

044-777-2228

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-07-24

関連タグ