「アートで考える原発事故」横浜市あざみ野の市民ギャラリーで

シェアする

PR・イベントは終了しました。

 アートを通して福島原発事故の記憶をつなぐ展示「もやい.next」が、横浜市民ギャラリーあざみ野で開催されている。8月21日(日)まで。もやい展実行委員会主催。

 東日本大震災当時は子どもだったアーティストらの絵画や版画、写真、などの作品を展示。チェルノブイリ原発事故を経験したウクライナ出身アーティストのインスタレーション作品=写真(主催者提供)=や、ウクライナの子どもたちが原発事故を描いた絵画も並ぶ。

 入場無料。午前10時から午後7時(最終日は5時まで)。12、13、15、20日には朗読劇や出展者によるワークショップも予定(有料)。詳細は同展示ウェブサイトで確認を。

開催日

2022年8月21日(日)
まで

住所

神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-17-3

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-08-16

関連タグ