日本初!三崎に「日本さかな専門学校」2023年4月に開校

シェアする
モダンな校舎の外観(学校法人水野学園提供)

 学校法人水野学園(東京都渋谷区)は8月2日、三崎5丁目の二町谷埋め立て地で計画を進めていた「日本さかな専門学校」(松川英一校長)が、神奈川県私学審議会において正式に開設の認可を承認されたと発表した。魚に関する知識を総合的に学べる専門学校の誕生は日本初。2023年4月に開校する。

 鉄筋2階建て延べ床面積約2千㎡の校舎は、㈱手塚建築研究所(東京都世田谷区)によって7月29日に竣工。津波に耐えられるように階高を10mに設定した。1階は学生自ら作り上げる水族館、2階は教室となる。

 海洋生物学科(3年制・48人)と海洋生物研究学科(4年制・24人)の2学科を設け、漁業・養殖飼育・調理加工・流通・環境・観光レジャーなど、魚を総合的に学べる日本初の専門学校を目指す。8月から校舎見学も開催している。

 水野学園は1966年設立。ジュエリーや自転車、和食調理専門学校などを運営する。魚を学ぶのに適した海近くでの新校開設を検討していた。昨年8月に県から学校設置計画の認可を受け、三浦市と事業用定期借地権設定契約を締結した。

海に面した立地(同法人提供)

住所

神奈川県三浦市三崎5丁目

公開日:2022-09-03

関連タグ